【トラブル回避!】初めての車の個人売買で知っておくべき7つの知恵!

公開日:2021.05.19
最終更新日:2021.05.19
車を高く売りたい!安く買いたい!そんな時に思い浮かぶのが、車の個人売買。個人売買は、中間手数料を省ける分、出品者側はより高く、購入者側はより安くすることができます。 ここ数年の間に、個人売買のサービスも増え気になっているかたも多いのではないでしょうか?その分、気になることは・・・ 「車の個人売買の流れは?何から始めたらいいんだろう・・・」 「個人売買の手続きや書類って、何を用意したらいいの・・・?」 「個人売買を利用したけど、トラブルも聞くし不安だなあ・・。トラブルに遭わないようにするには?」 このように、個人売買について分からないことだらけ。疑問や不安な気持ちがたくさんあるかと思います。 この記事では、初心者向けに個人売買の基礎知識についてお伝えしていきます。きっと記事を読み終わったあとには、個人売買への疑問や不安は解消されているはず。 個人売買の魅力は、上手に利用することで数10万円も得することも。それでは、さっそく個人売買の基礎知識をお伝えしていきます!  

車の個人売買の流れ

ここでは、個人売買のサイト・オークションを利用する際の流れについて説明します。 知人の紹介・知り合いに譲る場合でも、基本的な流れは同じになります。
出品者の流れ
個人売買のサイト・オークションを探す ↓ 車両状態を把握した上で出品をする ↓ 落札者と個人間のやりとりをする(自動車税の未経過分の扱い・名義変更予定日なども決める) ↓ 名義変更の必要書類を購入者に送付する ↓ 車両の引き渡しを行う ↓ 代金を受け取る
購入者の流れ
個人売買のサイト・オークションで車両を探す ↓ 車両状態を把握した上で入札する ↓ 出品者と個人間のやり取りをする(自動車税の未経過分の扱い・名義変更予定日なども決める) ↓ 名義変更の必要書類を出品者から受け取る ↓ 車両を受け取る ↓ 代金を支払う ↓ 名義変更の完了報告を出品者にする
個人売買の基本的な流れはこのようになります。トラブルを未然に防ぐ為にも、車両状態・自動車税の扱い・名義変更手続き・引き渡し方法などの懸念を、事前に解消しておきましょう。  

個人売買に必要な手続き・書類は?

 

出品者側

個人売買の時に、必ず必要な手続きは「名義変更」 名義変更をしなければ、出品者側が自動車税を課税されたり、購入者が事故や違反を起こしたときにトラブルに巻き込まれる恐れがあります。 そのため、個人売買での名義変更は早めの対応がおすすめ。しっかりと名義変更の完了予定日も決めてください。そんな名義変更に必要な書類一覧はこちらです。
普通自動車の必要書類
・自動車検査証(車検証) ・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険) ・リサイクル券 ・印鑑登録証明書(2ヶ月以内に取得したもの) ・譲渡証明書 ・委任状
これらの他、以下のようなケースに該当する場合は追加書類が必要です。 ・車検証と印鑑証明書の住所が異なる→住民票 ・車検証と印鑑証明書の住所が異なり、本籍地の移動をしていない→戸籍の附票 ・車検証の所有者欄がローン会社・車販売店になっている→所有権解除の書類 次に、軽自動車での必要書類について紹介します。
軽自動車の必要書類
・自動車検査証(車検証) ・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険) ・リサイクル券 ・申請依頼書
追加書類が必要なケース ・車検証の所有者がローン会社・車販売店になっているケース→所有権解除の書類  

購入者側

普通自動車の必要書類
・印鑑証明書 ・委任状(印鑑証明書と同じ印鑑にて押し印済みのもの) ・車庫証明書
出品者から受け取る書類
・自動車検査証(車検証) ・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険) ・リサイクル券 ・印鑑登録証明書 ・譲渡証明書(出品者の印鑑登録証明書と同じ印鑑で押し印があるもの) ・委任状(出品者の印鑑登録証明書と同じ印鑑で押し印があるもの)
軽自動車の必要書類
・印鑑登録証明書または住民票(コピー可) ・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険) ・(車庫証明書) ※お住まいの都道府県によっては必要。お住まいの地域の軽自動車協会へ事前確認されてください。
出品者から受け取る書類
・自動車検査証(車検証) ・自動車損害賠償責任保険証明書 ・リサイクル券 ・申請依頼書
 

車検証の所有者がローン会社なら所有権解除の書類が必要

車検証の所有者がローン会社・車販売店になっていると、車の個人売買を進めることができません。 ローンを完済していても、車検証の所有者が異なっているケースもあるため、事前確認をしてください。 所有権解除の書類は、所有者になっているローン会社・車販売店などに直接確認して取得できます。 その際に、必ず「所有権解除の書類が欲しい」+「全国で手続きが可能なもの」と伝えてください。  

リサイクル券がなくても「自動車リサイクル料金の預託状況」が証明代わりになる

リサイクル券がない場合でも、「自動車リサイクル料金の預託状況」が証明の代わりとして利用できます。 こちらの自動車リサイクルシステムのサイトから、リサイクル料金の預託状況を発行できます 自動車リサイクルシステムのサイト  

自動車税が支払われているかを必ず確認!

自動車税が未納の場合は、購入者が未納分を全額支払わないと、車検が受けられなくなる場合があります。 必ず納税されているか確認してください。自動車税の納税を証明する「納税証明書」の提示を求めると、このようなトラブルを事前に防げます。  

トラブル回避のための個人売買の注意点

個人売買でのトラブルの事例と注意ポイントを紹介します。 このような事例を知っておけば、自身がトラブルに遭う確率は減るかと思います。 トラブルに巻き込まれて、お金や手間がかかるのは面倒。お役に立てたら幸いです。 車の個人売買のトラブル ・車を購入したが、想像以上に不具合があり車検も通らない羽目に・・・ ・口契約がしていたものが反故。車を売却して、生活の足がなくなった・・・ ・購入後に車の不具合。結局、修理費用を払う羽目に・・・ ・相手が名義変更をしてくれないまま連絡が取れない・・・ 車の個人売買では、このようなトラブルが起こり得ます。 トラブルを回避するためには、契約成立前のやりとりで細かい部分まで確認しておくこと。 実際に車を確認できるのであれば、なるべく現車確認がおすすめです。 内装・外装状態の確認、エンジンの調子、名義変更の完了予定日、引き渡し方法、代金の支払い方法、車検証の確認、自動車税の扱い方などを行うと安心です。 また、立ち会いをした時に人柄や雰囲気を確認をして、不審な点があれば契約は控えましょう。 他にも、契約成立後に、不具合・故障をした場合の対応についてもきちんと明示化しておくのがおすすめ。  

安心・安全な車の個人売買ならクリマ

「お金が支払われるか心配」「名義変更がされるか心配」「購入した車が遠方で取りに行けない」 そのような悩みを解決するのが、中古車フリマサイトのクリマ。 クリマでは、決済機能を搭載しているので「お金が支払われない」という心配はありません。出品者から車と必要書類の譲渡が確認できた時点で、出品者に代金をお支払いします。 また、名義変更の代行オプションも可能。例えば、出品者は売却条件に、クリマでの名義変更サービスの指定をできます。そのため、「購入者が名義変更してくれない」という心配もありません。 最後に、「購入した車が遠方で取りに行けない」と悩みも解消できます。クリマ提携の輸送業者なら面倒な手間もいらず格安で利用できます。 安心・安全な車の個人売買ならクリマに相談ください。  

まとめ

車の個人売買は、上手に利用すると、出品者も購入者もメリットが大きいサービスです。 しかし、トラブルに巻き込まれると、結局はお金も手間もかかり損な思いをすることも。 個人売買をするには基本的な知識を身につけて、細かい事前確認をしておくことをおすすめします。