車売却の方法とは?流れや手続き、査定前に知るべき注意点


車売却の方法とは?流れや手続き、査定前に知るべき注意点

車の売却

公開日:2021.08.03

最終更新日:2021.08.10

車を売却する際、どのような流れで手続きを進めていけば良いのでしょうか。

また、車の売却方法にはどのような種類があるのでしょうか。

そこで、今回、車の売却方法と手続きの進め方、さらに査定前に知っておくべき注意点について徹底解説していきます。

①車の売却方法一覧とそれぞれの注意点

車の売却には大きく分けて3種類あります。それぞれの特徴と注意点を見ていきましょう。

方法 特徴 注意点
中古車買取店での買取 人気車種は高く売れる 業者を選ぶのに時間と労力が必要
ディーラーでの下取り 手間がかからない 乗り換えが前提
個人間での売買 上記よりも高く売れる 名義変更や代金授受のトラブルが起きてしまうことも

 

中古車買取店での買取

中古車買取店での買取は最も一般的な売却方法の1つです。

中古車買取店は買い取りを専門に行っており、中古車販売店などに卸すことで利益を得ています。

そのため、多くの台数を確保する必要があり、人気車種については高値で買い取ってくれる特徴があります。

また、査定金額については交渉できるのが一般的なので、出来るだけ高く買い取ってもらえるようにしっかりと交渉しましょう。

ディーラーでの下取り

ディーラーの場合は単に買い取りだけを行ってくれることはほとんどありません。

ディーラーで新しい車を購入する際に、現在所有している車を下取りしてくれるのが一般的です。
つまり、そのディーラーで新しい車に乗り換えることが前提です。

ディーラーでの下取りの特徴は金額交渉がしやすいというところにあります。

新車の値引きには限界がありますが、下取り査定額を交渉して、総額を値引いてくれることもあります。

また、売却時に必要な手続きについてもすべて行ってくれるため、スムーズに引き渡しを行うことができます。

個人間での売買

友人や知人に売却したり、フリマサイトなどを使用して売却する方法があります。

また、クリマなら中古車買取店やディーラーよりも高く車を売却できます。

個人間での取引の場合は業者による中間マージンが発生しないため、高値で売ることができます。

そのため、より高く売りたい人におすすめの方法です。

車を売却する前に押さえておきたい注意点

車を売却する前に押さえておきたい注意点がいくつかあります。

売却契約前にしっかりと注意点を押さえて売却のタイミングや売却の方法を検討していきましょう。

Q売却する際に事故歴や修復歴を申告する必要はある?

車を売る人には「契約不適合責任」というものがあります。

契約段階の説明と実際の状態が異なる場合、売り手側は買い手側に賠償責任をしなければならないというものです。

後々のトラブルを避けるために見た目には分からない修復や浸水などがあった場合は隠さずに申告することが大切です。

Q自動車税、重量税、自賠責保険は戻ってくる?

自動車税は毎年5月、重量税は車検の度に支払わなければなりません。

通常、年単位での支払いとなっており、年度途中で車を売却する場合でも自動車税や重量税などが返金されることはありません。

そのため、せっかく支払った税金がもったいないと思われる方もいらっしゃいます。

②買取店やディーラーで査定をしてもらう

売却金額がどれくらいになるか、買取専門店やディーラーで査定してもらいましょう。

買取専門店の場合、業者によって提示金額が大きく異なることもあります。

そのため、複数社に査定してもらうことがポイントです。

また、ディーラーについては新しい車に乗り換えることが前提となっており、ディーラーとしては新車を売らなければならないというノルマがあるため、購入者が買いやすくなるように下取り金額を高めに提示してくれることがあります。

③車の売却先を決める

複数社に査定してもらったら、売却先を決めましょう。

通常、一番査定額が高かったところに売却するのがベストですが、特典やキャンペーン、売却代金の支払い時期など総合的に判断するのも良いかもしれません。

高く売りたい場合はフリマサイトに出品しよう!

より高い金額で売却したい場合は、フリマサイトに出品することをおすすめします。

数多くあるフリマサイトの中でも中古車専門フリマ「クリマ」であれば、出品者と購入者の仲介をしてくれるだけでなく、代金授受についても仲介に入ってくれます。

そのため、車の引き渡しや金銭のやり取りでのトラブルを防ぐことができ、安心して取引することが可能です。

④車の売却に必要な書類を揃えて手続きをする

車を売却する際には様々な書類が必要となります。事前に準備しておきましょう。

  • 自動車検査証の原本(車検証原本)
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券

以上の5つが車の売却で必要な書類となります。

車検証や自賠責保険証明書については車内に保管している方が多いです。

印鑑登録証明書については役所で取得することができます。
なお、マイナンバーカードを持っていればコンビニで発行できる場合もあります。

自動車税納税証明書については普通車であれば管轄の陸運局内にある自動車税事務所、軽自動車であれば役所で手に入れることが可能です。

しかし、業者によっては追加書類を求められる場合もあるため、あらかじめどのような書類が必要になるかを確認しておきましょう。

⑤車両の引き渡しをする

必要書類を提出し、手続きを終えると車の引き渡しを行います。
なお、車の引渡し日については担当者と調整することができます。

たとえば、次の車が納車されてから引き渡しを行いたいなどの融通も効くことがほとんどです。

ただし、日にちが空きすぎると売却金額が変わってしまうこともあるため、売却契約を結ぶ段階で引き渡し予定日を決めておくようにしましょう。

また、引き渡しの際の注意点として、車内の忘れ物のチェックやETCカードの抜き忘れなどが挙げられます。
さらに、ドラレコのメモリーカードの取り忘れも珍しくありません。

そして、カーナビによっては自宅住所が登録されている場合があるため、カーナビの初期化も忘れずに行いましょう。

⑥入金の確認をする

車の引き渡しが終わると、所定の期間内に売却代金の振り込みが行われます。

振り込まれるまでの期間については業者によってまちまちです。

即日対応のところもあれば、2〜3日後に入金してくれるところもあります。

場合によっては1週間ほどかかることもあります。

ただし、大抵の場合は遅くとも1週間で入金してくれるため、代金が振り込まれているかしっかり確認しましょう。

まとめ

車の乗り換えなどで車の売却を検討している方も多いと思います。

しかし、車を売却する方法や流れについてはあまり知られていないのが現状です。

また、査定前に気をつけるべきポイントや業者選びの注意点もあります。

車を売却する場合は業者の特徴をしっかりと理解した上で、売却の流れを確認して売却の依頼をするようにしましょう。

車の売却の よく読まれている記事

TOP
車の売却時にETC車載器は取り外す?ETC関連で必要な手続きまとめ

車の売却時にETC車載器は取り外す?ETC関連で必要な手続きまとめ

車の売却

2021.08.10

中古車一括査定のメリット・デメリットとは?本当にお得?

車の売却

2021.06.22

車 売却 税金

車を売却すると税金・所得税はかかる?3つのケースと確定申告について

車の売却

2021.06.22

車の売却の新着記事

車の売却時にETC車載器は取り外す?ETC関連で必要な手続きまとめ

車の売却時にETC車載器は取り外す?ETC関連で必要な手続きまとめ

車の売却

2021.08.10

車を売却するなら車検前がお得?車検切れでも高価売却するための秘訣とは?

車を売却するなら車検前がお得?車検切れでも高価売却するための秘訣とは?

車の売却

2021.08.10

車の売却時のガソリン満タンは損するだけ!査定項目とその基準とは?

車の売却時のガソリン満タンは損するだけ!査定項目とその基準とは?

車の売却

2021.08.10

カテゴリー覧